生き物の自然な欲求である「食」について、私たちは当たり前すぎて深く考えていないかもしれません。
人間は知恵がありますので、「食」について自然とさまざまな工夫をしています。
例えば生で食べられないものは焼いたり煮込んだりあるいは味を整えたりしています。
しかしそんな工夫をしていくうちに、いつしか歯を使って噛み切ったりつぶしたりをしないでモノを食べるようになってしまいました。
そんな結果、かみ合わせや歯並びの乱れが起こりやすくなってしまいました。
残念なことに我々日本人にその傾向が強く出ています。