淀川区で床矯正、歯周病治療に取り組む、末廣歯科医院は阪急神崎川駅前スグ

医院紹介

  • HOME »
  • 医院紹介

末廣歯科医院の歴史

当歯科医院は大阪府西成郡神津村大字三津屋に末廣三次郎が開設した末廣内科醫院が前身です。
大正9年(1920年)その分院として大阪市淀川区十三西之町(現在の淀川区新北野)に末廣内科歯科醫院が開院し、歯科医院長として末廣雄作が
就任しました。

  • 昭和20年(1945年) 両医院とも太平洋戦争による空襲にて焼失
  • 昭和23年(1948年) 大阪市東淀川区三津屋南通(現在の淀川区三津屋南)に再建
  • 昭和35年(1960年)   2代目院長 末廣達也 末廣歯科医院継承
  • 平成9年  (1997年)   3代目院長 末廣恒生 末廣歯科医院継承
  • 平成22年(2010年) 現診療所に移転(淀川区三津屋北)

末廣歯科医院の歴史

歯やお口のことはもちろん、全身とのバランスを考えたユニークな治療や健康アドバイスを提供しています。
お口のトラブルは以外にカラダの思わぬところに影響が出るものです。
「こんな事歯医者で聞いていいのな?」と思うようなことでも一度ご相談下さい。

本来我々は「歯科医師」でなく「口腔科医師」であるべきなのです。

少なくとも診断の手段として原因を見つける「細菌検査」や「遺伝子検査」などの科学な検査をルーチンワークすることが急務です。
米国歯科医師会の雑誌によると、ある患者さんの歯石取りをした後に採血し細菌培養し30分おきに検査をしていくと相当数の歯周病原細菌が見つかったとの報告があります。

医者は歯石取りをしながら体の中に一生懸命バイ菌を送り込んでいたのです。特に循環器の専門医は歯科治療の問題点を早くから注視しており、献血の際は必ず3日以内に、出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けられた方は献血を遠慮するよう忠告しています。

院内の設備

デジタルX線画像システム

デジタルX線画像システム

X線の被ばく量が最小限の高感度センサーに撮影。現像はレーザースキャナーで読み取り皆様の大切なデーターをコンピュータに保管しています。

口腔内カメラ

口腔内カメラ

直接見えにくい場所の歯をこの小さなカメラで撮影し患者様にいち早く状況をお知らせ説明しています。

医療用空気清浄機(エアロクリーン35M)

医療用空気清浄機(エアロクリーン35M)

患者様や医院スタッフの健康のために最新の空気清浄機を導入しています。


院内ツアー

カウンセリングコーナー
カウンセリングコーナー

こちらで患者さんと対面してご相談を受けます。個室なので他の人に聞かれたくない内容も安心してご相談ください。また、歯周病菌を調べるための顕微鏡を備えていますのですぐに状況をお伝えできます。

車椅子のままでもお入り頂きやすい低床の出入り口にしています、

末廣歯科医院 外観

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6305-6644 診療時間:午前9:30~午後12:30 午後3:00~午後7:00
休診日 水曜・土曜午後 日祝祭日

PAGETOP