歯周病菌一つのプロフィロモナス・ジンジバリスの菌体成分のリポ多糖(LPS)がアルツハイマー型認知症者の脳内で検出されるなどで、重度歯周病の罹患と認知機能の低下との相関性が注目されています。